新しい葬儀形態としての家族葬

subpage1

家族葬というのは、従来の葬儀のように、葬儀屋さんが段取りし、街中にお知らせの看板を立てたり、場合によると新聞などに葬儀日程を記載してもらうというような、いわば公開するものとは別の形態となっています。

家族葬の場合は、お知らせする人はごく身近な人に限定するということになり、関係者だけで営むということになります。


祭壇もこじんまりとしたものとなりますし、お供えものや花輪、生花も最小限にしますし、葬儀の後のお席なども、ごく普通の料理や飲み物を用意する程度になります。



また、数も限定することとなります。

もちろん、そうしなければならないということではありませんが、一般的にはそうなります。



見ようによっては、故人を送るのに寂しい感じにはなりますが、核家族化した今日ということを考えると、合理的であり、無駄なお金を使わないということでもあるので、一度は検討しておいた方がよい形式と言えます。

特に、親御さんだけが故郷に住んでいて、子供たちは都会で生活しているというようなケースでは、お寺さんの関係などから、故郷で葬儀をあげることが多いのですが、公開型で行った場合は、そのときに弔問してくださった方々に万が一のことがあったときの弔問を失礼してしまうということになりがちです。

毎日新聞を是非ご利用ください。

葬儀とか弔問とか香典というようなことは、気持ちの問題だとは言いますが、お付き合いとか、いただいた以上お返しが必要というようなことを考えると、いずれのときの失礼や非礼を避けるということで、当の自分たちの場合は家族葬で執り行うという考え方は、今日の事情に合っているとも言えるのです。

納得の真実

subpage2

お葬式の形態は年々多様化してきていますが、近年その中での人気のあるスタイルが家族葬です。家族葬とは家族や身近な友人との別れを最優先に考え、儀礼的な弔問をなくした家族中心で行う葬儀スタイルのことです。...

more

おすすめ情報!

subpage3

近しい誰かが亡くなった時、ご遺族は十分に悲しむ暇もないくらいに慌ただしく葬儀の準備に着手しなければなりません。多くの手順としてはまず葬儀会社に連絡を取り、病院や施設などから然るべき場所へとご遺体を搬送する手はずを整えたり、葬儀会社の担当者と今後の詳細な手はずを打ち合わせすることが求められます。...

more

皆が知りたい情報

subpage4

一般的に葬式といえば、家族や親族をはじめ、親しかった友人や知り合い、会社関係の人々や恩師の方など、大勢で個人を取り囲んで、最期のお別れをするといった形式をとっていました。しかし、高齢化社会によって社会との関係が希薄になったお年寄りや、身寄りのない独り身の人などが増えたことによって、一番の身近な人である家族や少数の親族によって行う家族葬の考え方が注目を浴びています。...

more

情報分析

subpage5

最近は、お葬式事情も変わってきています。亡くなった方が生前にあまり大々的なお葬式をしないで欲しいということも多くなっています。...

more